FC2ブログ

志戸呂焼の窯元見学 

2月10日 母屋担当 吉村です。

先日、お休みを利用して細井陶游(ほそいとうゆう)氏の窯元へ見学に行ってきました。

細井陶游氏は、毎年開園シーズンに当園内の古寺にて
志戸呂焼(しとろやき)という焼き物の展示をされている陶芸家です。

志戸呂焼とは、掛川市近隣の島田市金谷町に江戸時代以前から伝わる陶芸で、
約400年の歴史を持っています。

赤みがかった器に黄色釉と黒釉を掛け、独特の侘びた味わいがあり
また、堅牢で湿気を寄せ付けないという特徴から、茶器に好まれています。

細井氏は以前は埼玉県で窯を開いており、志戸呂焼の茶陶としての奥深さに魅せられ
陶土を採りに志戸呂へ足を運び続けていましたが
約11年ほど前に遂に埼玉県から志戸呂へ移窯して来られ、
桃山時代からの技法の研究を続けていらっしゃいます。

金谷町には志戸呂焼の窯元がいくつもありますが、
今回は細井氏の窯や焼き物を見学させて頂きました。



↑陶土を摂る場所を案内してくださる細井氏。



↑志都呂焼の原料となる陶土。





↑窯を開くまでの経緯や、窯の製法など具体的な説明を聴かせて頂きました。





↑採った陶土は乾燥させて細かく砕きます。
現在は専用の機械で行っているそうですが、昔は石臼で砕いていたのだとか。
写真の石臼は苔むしてしまっていますが、さざれ石の石臼。
手前に写っている石は富士山の溶岩石!
現在は富士山の溶岩石は自然公園法で採取禁止になっていますからとても貴重です。

 

↑展示室で様々な焼き物を見ることが出来ます。
志都呂焼について語る細井氏はとてもいきいきとしていて
焼き物に対してとても研究熱心な姿勢がうかがえました。
貫禄を感じる風貌とは裏腹に、気さくで優しい方なんですよ。



↑お話を伺いながら、奥様がお茶をたててくださり、
すっかり長居をさせて頂いてしまいました。
奥様もこちらへ越されて来て以来、加茂荘に勤められ
お屋敷にお花を生けたり、花菖蒲の育成に携わるなど
細井ご夫妻ともに加茂荘を彩り続けてくださっています。

今年の開園シーズンにも細井氏の作品の展示会が行われます。
志戸呂焼は茶陶の類ですので、
お土産ものとして手軽にご購入できる品物ではありませんが
ご興味のある方は是非、細井氏の窯元へも見学に足を運んでみてはいかがでしょうか。

志戸呂焼 質侶窯 細井陶游
〒428-0019 静岡県島田市志戸呂1069-4 電話:0547-46-2133

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/561-7c31a3af