FC2ブログ

百合子ダスヴィダーニャDVD通販受付 

2月26日 母屋担当吉村です。

当園が撮影ロケ地として使用され、一部劇場でのみ公開されていた
「百合子ダスヴィダーニャ」のDVDの通販の受付を開始します。

この作品は、昭和中後期の日本共産党書記長 宮本顕治の妻、
戦後民主主義文学の旗手として活躍し、大正から昭和にかけ実在した
プロレタリア作家 宮本百合子(旧姓:中條百合子)と
チェーホフなどのロシア文学や演劇の翻訳家として知られ、
「女を愛する女」であることを公言していた湯浅芳子との同性愛、
また百合子の夫 荒木茂との異性愛が錯綜する愛憎を描いた伝記ドラマ。

監督は「女性の側から性を主体的に観る」ということをテーマに
数多くの作品を作り続けている浜野佐知さん。
この作品は宮本百合子の自伝的小説『伸子』を下地に
浜野監督が20年以上温めてきたテーマを映した自主制作映画です。

d110511002.jpg

百合子役はシンガーソングライター 一十三十一(ひとみとい)さん(写真左)、
湯浅芳子役は「ヘヴンズストーリー」などで知られる女優 菜葉菜(なはな)さん(写真右)。

d101013002.jpg

加茂荘は百合子の執筆のための居宅という映画の中心となる舞台の設定で、
長屋門前、花菖蒲園、庄屋屋敷内の様々な場所で撮影が行われました。
下の写真は加茂荘庄屋屋敷入り口にて、百合子が芳子からの電報を受け取ったシーン(上)と
その他の撮影風景(中・下)。

12d101013001.jpg

h101009005.jpg

h101009006.jpg

余話ですが...

作中、芳子が働いている愛国婦人機関誌『愛国婦人』発行所や印刷所の場面は
宮沢賢治、小熊秀雄がお好きな方は必見です。

『愛国婦人』という雑誌、大正10年9月号に宮沢賢治が童謡「あまの川」を発表し、
またデビュー作である童話「雪渡り」の発表に際しては生涯で唯一の稿料5円を得ています。

小熊秀雄は湯浅芳子の紹介で『愛国婦人』大正13年8月号に童話「焼かれた魚」を発表、
エッセイも連載していました。
別件で小熊秀雄は湯浅芳子と共同でプーシキンの詩の翻訳を完成させていましたが、
原稿は散逸するなど..

近代文学の文芸的背景を思い浮かべながら見てみると、非常に浪漫的。
目を皿にして見入ってしまうことうけあいです(吉村個人の感想です)。

・価格:5,250円(税込)
・送料:180円(ゆうメール)
※その他の配送をご希望の方は料金をお調べ致しますので
お申し込みの際にご記載ください

・注文方法:百合子ダスヴィダーニャDVD通販お申し込みの旨と
氏名・住所・電話番号 を明記の上、下記いずれかの方法でお申し込み下さい

FAX:0537-26-1213
E-Mail:kakegawa@kamoltd.co.jp

・支払方法:同梱の納品請求書に沿って銀行振込または現金書留にてお支払いください

※在庫終了次第受付終了となりますのでご了承ください
 開園期、屋敷でも販売を行います
 お問い合わせ:0537-26-1211 担当吉村

百合子ダスヴィダーニャ オフィシャルサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/563-b93aa29a