端午の節句のあやめ酒 

5月4日 明日5月5日は子供の日です。この日は昔は端午の節句でした。花花菖蒲にとって、この端午の節句は切っても切れない関係があります。


五節句
1月7日 人日(じんじつ)        七草  
3月3日 上巳(じょうし/じょうみ)   桃の節句、雛祭り
5月5日 端午(たんご)        菖蒲の節句
7月7日 七夕(しちせき/たなばた) 星祭り、竹・笹
9月9日 重陽(ちょうよう)       菊の節句


端午の節句などの五節句の風習は、奈良時代頃に中国から伝えられました。古来中国では陰陽道から奇数の日が重なる日を陽の力が強まる日とされ、厄を払い無病息災を祈る風習がありました。

五月五日は、昔は旧暦でしたので今の6月にあたります。この時期は急に暑さが増し、体調も不安定になる季節の変わり目です。この時期にサトイモ科の菖蒲(ショウブ)によって、端午の邪気を払うのが端午の節句のもともとの風習でした。

菖蒲は、早春に草のなかでもいちばん早く芽を出すことや、全草に清々しい香りがあること、魔を切り裂く鋭い剣先のような葉姿から、魔を退ける力を持つ霊草と考えられました。


端午の節句は菖蒲が主役の菖蒲の節句なのです。

0805034.jpg

サトイモ科の菖蒲(ショウブ)

平安時代になると宮中にて、端午に軒に菖蒲を葺く「菖蒲葺き」をはじめ、さまざまな行事が執り行われるようになりました。その後鎌倉時代以降の武家社会でも、菖蒲=尚武の語呂合わせから、武士の祭りとして端午の節句を祝ってきました。

そして江戸時代中期の元禄年間頃になると、端午の節句は庶民の間にも伝わり、鯉のぼりや五月人形の風習がはじまったそうです。

そして、端午の節句の主役である菖蒲とともに、旧暦の端午の節句頃に花が咲き、草姿が菖蒲に似ている花菖蒲も、花の咲く菖蒲として、庶民の間で節句の花として栽培されるようになり、そこから徐々に改良され花が発達してゆきました。


花菖蒲は、菖蒲の文化の土台の上に、江戸時代に改良され発達した日本の花なのです。


0805038.jpg

当園ではこのことを重要にとらえ、例年端午の節句に軒に菖蒲を葺く「菖蒲葺」の伝統を伝えています。写真は昨年2007年の6月18日、旧暦の端午に加茂荘長屋門の軒に菖蒲を葺いたときのものです。


新暦の五月五日にも、この菖蒲葺きと、庄屋屋敷土間にて菖蒲酒(あやめざけ)の無料接待が行われます。

0805036.jpg

菖蒲酒は、日本酒に菖蒲の根を浸し、菖蒲の香りを移した端午の節句の厄除けのお酒です。菖蒲の香りがとても清々しく、おいしくいただけます。


菖蒲酒は、日本酒に菖蒲の根の薄くスライスしたものを浸して30分置けばできあがりますので、菖蒲の根茎さえあればご家庭でも手軽に作ることができます。


0805037.jpg

毎年行っている加茂荘の小さなイベントですが、好評をいただいております。マイカーの運転手の方以外は、試すことができますので、端午の日にお越しいただいたお客様には、お試しいただければと思います。