6月16日 開花状況 

090616001.jpg

6月16日 きょうは一日厚い雲に覆われた曇り空で、夕方にザ~っと雨になりました。

花菖蒲の開花は、今年は例年より7日くらい早かったのですが、最近酷い暑さもないため、ここへ来て平年並みの開花状況になって来たように感じています。

写真は長屋門から伸びるアスファルトの道から、南側を見た様子で、手前のほうは鉢ものの部分で、奥のほうが地植えです。 地植えの部分は花が終わってきました。

090616003.jpg

それでも長屋門前の部分は鉢の部分で、まだ蕾も多くあります。地植えのような満開の迫力はないですが、今週末から来週前半にかけて、いちばん多く花が咲いてくるような感じです。

090616002.jpg

この開花後期になって見頃になってくるのはアジサイの数々ですが、それとともに写真のハンゲショウも葉が白くなり、目立ちませんが良い香りの花を咲かせます。

ハンゲショウはドクダミの仲間で、葉に少し臭いがあります。水辺を好み繁殖力がとても良く、一面に広がり困るほどです。花は地味ですが、梅雨時の風情があり、茶花にもよく似合います。

090616004.jpg

加茂荘の蔵とハンゲショウ。スイレンと花菖蒲もちょっと写っています。4月末から開園した花菖蒲園も、残り半月になりました。季節は初夏から夏に変り、梅雨の雨の似合うシーズンになっています。当園は開花調整することで花を長く咲かせていますが、本来はこうした日本の季節のなかで、一瞬鮮やかに咲き誇るのが花菖蒲の姿です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/89-04b193c4