スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 「雷 桜」のロケのこと 

s100427004.jpg

4月29日 きょう去年の開園期間終了後のシーズンオフ期間にあった出来事について書いてみます。

花菖蒲園は、6月の開園が終ったあと、翌年にむけて様々な管理があるのですが、それは毎年のことです。でも今年はこの3月にちょっとした出来事がありました。

それは、「雷 桜(らいおう)」という映画のロケが、この加茂花菖蒲園の庄屋屋敷内部を中心に行われたことです。


この「雷 桜」という映画は、宇江佐真理の人気時代小説を映画化したもので、江戸時代の徳川家御三卿で清水家当主と、赤子のときに何者かにさらわれ山でオオカミのように育った娘という、身分の違いから決して交わるはずのない境遇の2人が、奇妙な木“雷桜”の前で出会い、決して叶わないと知りながらも運命の恋に落ちてしまうというお話。主演は岡田将生さんと蒼井優さん。

今年の秋の公開だそうです。

この作品について、詳しくははこちらをご覧下さい。

こちらのサイトは主演の2人について紹介されています。

s100427001.jpg

この映画のなかで、加茂花菖蒲園の庄屋屋敷は、主人公の蒼井優さん扮する「ゆう」の実家の庄屋の家という設定で、この作品のなかでも中心的なフィールドとして、庄屋屋敷内外のさまざまな部分で撮影が行われ、実際の映画作品のなかでもかなり加茂荘の庄屋屋敷が登場するとのことでした。

加茂花菖蒲園での撮影は、この春の3月20日から月末まで行われました。上の写真は、そんなロケのひとコマです。

主演の岡田将生さんと蒼井優さんはじめ、柄本明さん、宮崎良子さんなどベテランの役者さんたちも来られ、設備、照明、撮影など総勢100名を越すスタッフによって、撮影が進められました。

s100427002.jpg

上の写真は、清水家当主を招いて庄屋の屋敷で宴会が行われるという舞台を作成している風景です。

加茂荘の庄屋屋敷のこの部分は、江戸中期の安永2(1773)年に造られた江戸時代のままの空間なので、こんな映画のロケにはまさに打って付けで、江戸時代そのままの風景が再現できるのです。

そして、当園にこのようなロケの依頼が来るのはそれほど珍しいことではなく、ここ数年内でも映画「ICHI」やTVドラマの「パズル」などの舞台となったこともあります。

今の時代、このような江戸中期に建てられたような屋敷は全国的に見ても少なく、またあったとしても保存状態が悪い、またロケを行うとどうしても家の内部が傷むので、使用の許可が降りないなど、さまざまな制約があり、そんなこともあって当園の屋敷が最近こういったロケ地として使われるようになってきました。


そして、当園がこの庄屋の屋敷を今の時代に江戸時代のまま保存できているのは、実に掛川花鳥園や神戸花鳥園など、今の時代に通用する事業を行っているためで、花鳥園グループとして5つの園を、そして今年からは中国にも園を広げている理由は、実に江戸時代より続いた加茂の家と、この庄屋屋敷を守るためなのです。

s100427003.jpg

今では掛川や神戸など、今の時代に適応した花鳥園に稼ぎ役を渡し、加茂花菖蒲園は昔のままの姿をとどめる方向で動いていますが、加茂花菖蒲園も、掛川花鳥園も、富士も、神戸も松江の園も、この庄屋の屋敷が元になっています。ですからどの園もご入園受付が加茂荘の「長屋門」を模しているわけです。

6月にご来園されましたら、今から237年前に建てられた庄屋の屋敷をぜひご覧ください。どれほど時代が流れても、守らなければならない日本の伝統を感じることができると思います。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/97-9439c559

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。