こどもの日と菖蒲のこと 

a100501002.jpg

きょうは、5月5日のこどもの日を前に、この祝日の元になった端午の節句と菖蒲(ショウブ)のことについて書いてみます。

まず勘違いされないよう、お話しておきますが、この菖蒲(ショウブ)とは、花菖蒲のことではなく、サトイモ科のショウブのことです。

この5月5日が「このこどもの日」として制定されたのは、戦後の昭和23(1948)年のことですが、この日は古来「端午の節句」でした。


端午の節句とは何か?と言いますと、途端に難しい話になってしまうのですが、

これは奈良時代以前に中国から入ってきた風習で、中国の陰陽道では偶数を尊び奇数が重なると陰を生ずるとされました。そして暦のなかで奇数が重なる日が厄日とされ、その季節の香草によって邪気を払う風習がありました。1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)がそれです。

5月5日の端午とは、月の初めの午の日と言う意味ですが、やがて午と五が通じることから、重五の日として五月五日が端午の節句となりました。

奇数のなかでも陰陽道的にいちばん悪い「五」が重なる日であること、そしてこの5月5日(旧暦)の頃は、暑さが始まり害虫などがわき出し、病気などにも罹りやすくなる頃で、そこで、サトイモ科の菖蒲(ショウブ)という香気のある霊草によって、端午の邪気を払ったのが、端午の節句でした。

端午の節句とは、菖蒲の霊験によって端午の邪気を退けた、菖蒲(ショウブ・あやめ)の節句だったわけです。

a100501006.jpg

そして平安時代になると、宮中にて軒に菖蒲を葺く菖蒲葺き(あやめぶき)、菖蒲湯、菖蒲酒、菖蒲根合など、端午の日に菖蒲を用いた様々な行事が執り行われます。

上の写真は旧暦の端午の節句(6月)に加茂荘の長屋門に菖蒲を葺いた様子です。

a100501004.jpg

そして、鎌倉時代以降の武家の社会においても、菖蒲=尚武の語呂合わせから、武士の祭として端午の節句は祝われました。そのなかでも菖蒲は中心的な存在で、平安時代後期から鎌倉時代頃の鎧には、「菖蒲革」など、いたるところに菖蒲をデザインとしてあしらい、菖蒲の霊験によって武運長久を願うようになります。

そして時代は下り、江戸時代の元禄年間頃になると、この端午の節句は男児の立身出世を祝う節句として庶民の間にも広まり、この頃から鯉のぼりなども登場するようになるとともに、花の咲く菖蒲であるアヤメ科の花菖蒲が、端午の節句の祭の花として栽培されました。そして花菖蒲は江戸時代中期頃から徐々に花形が発達し、江戸時代後期の松平定朝の花菖蒲品種改良や、堀切の花菖蒲園へと繋がってゆきます。

ですから、花菖蒲は、この端午の節句の菖蒲の文化が土台となって、江戸時代に開花した日本の園芸文化であると言えます。

a100501003.jpg

当園では、この花菖蒲を、江戸時代の末頃から現在の長屋門の前で栽培していたと伝えられています。明治時代にはこの長屋門脇に上の写真の花菖蒲の鬼瓦も添えられ、門前の花菖蒲とこの鬼瓦によって、家のなかに邪気が入るのを二重に防いできました。


社長がよく、「花菖蒲を愛し栽培する者は、その菖蒲の霊験によって守られるから、不幸にはならない 」と言いました。

これは単なる迷信かも知れません。しかし、遠い昔から人々が生きてきた土台の上に今を生かされていることを知ることは、とても大切なことだと思います。

今年も加茂荘では、旧暦の端午の日には、菖蒲を葺いて、菖蒲酒をご来園される皆様にお出ししようと考えています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/tb.php/99-4befc6e9