FC2ブログ

古寺にて志戸呂焼の展示会が開催中です 

5月24日 今日は加茂花菖蒲園にある古寺にて行われている、志戸呂焼(しとろやき)の展示をご紹介いたします。

yn100522002.jpg


yn100522008.jpg

志戸呂焼は、当園のある掛川市のお隣、島田市金谷に伝わる陶芸で、約400年の歴史があります。
時の将軍、「徳川家康公の御用窯」として、また茶人、小堀遠州」より「遠州七窯」に数えられた由緒ある伝統工芸で、原料の粘土は細かく、重いため、出来上がった器は、堅牢でやや重量感のあるものに仕上がります。

yn100522006.jpg

鉄を多く含んだ、鉄釉と呼ばれる釉薬を中心に釉掛けされるため、焼味は渋く、素朴な印象を受けます。
染付の伊万里焼と比べると志戸呂焼は一見地味ですが、よく見ると、火の当たり具合や釉薬の乗り具合、釉薬の中に含まれる不純物の微妙な違いで、いろいろな色が混ざり合った不思議な色彩となり、飽きが来ません。

展示をされているのは細井 陶游(ほそい とうゆう)さんで、ご好評頂いた去年に続いて2度目の出展となります。

yn100522007.jpg

yn100522004.jpg

黒柿釉の茶碗。

yn100522003.jpg

黒地に、釉薬に含まれる鉄分が輝く、美しい茶碗。

yn100522005.jpg

江戸後期から幕末にかけて志戸呂で焼かれたとされる紅釉を再現された壺。



陶游さんは、「地元の島田市でさえ、志戸呂焼を知っている人は少ない。加茂花菖蒲園は遠方からの来園者も多く、志戸呂焼を知ってもらういい機会」と話されます。

年間の中でも当園での出展を楽しみにしておられますが、それは、展示会場である当園の古寺が、とても侘びていて、この焼き物に合っていること。そしてこの焼物を理解できる目の肥えた方がご来園いただけることにあるようです。

ご来園の際は、是非古寺に足を運んでいただき、志戸呂焼をご覧いただければと思います。展示と並行して販売も行われております。茶を嗜まれる方にはリーズナブルな価格設定となっておりますので、購入もご検討ください。

なお、細井氏の窯元へも、折がありましたらぜひ来ていただきたいとのことですので、よろしくお願い申し上げます。

yn100522009.jpg

志戸呂焼 質侶窯 細井陶游
〒428-0019 静岡県島田市志戸呂1069-4 電話:0547-46-2133

yn100522001.jpg

取材の最中、野うさぎがひょっこり。焦ってしまってキレイに撮れませんでした。自然が残る当園だからこその遭遇でした。

文章,写真:西村

志戸呂焼 6月28日まで展示します。 

090617004.jpg

6月17日 きょうは加茂荘の古寺内で、6月28日まで行われている、志戸呂焼の展示をご紹介いたします。今年はじめて展示を行いましたが、ご来園の皆様にたいへん好評でしたので、当初21日までの展示でしたが、26日まで期間を延長することになりました。

志戸呂焼とは、掛川市近隣の島田市金谷町に江戸時代以前から伝わる陶芸で、約400年の歴史を持っています。志戸呂焼の特徴は、桃山時代からの緑釉をはじめ江戸時代より伝えられる黄褐色の梨釉、紅釉、黒釉、飴釉、虎斑釉など鉄釉を中心で、焼味は渋く深い味わいがあり、その良さが今見直されつつあります。
金谷町には志戸呂焼の窯元がいくつもありますが、今回当園にて展示を行っておられる細井陶游(ほそいとうゆう)氏は、志戸呂焼の茶陶としての奥深さに魅せられ、以前は埼玉にて窯を開いておられましたが、約7年ほど前に今の金谷町に越してこられました。

細井氏のご夫人が、当園に勤められたご縁で、今年から加茂花菖蒲園の古寺内にて、昨年も行ったふくろうおじさんこと土屋誠一庵さんと、「2人展」と称して展示を行っています。

090617001.jpg

作品は茶椀、茶入、建水、水指し、菓子鉢、花入等の茶陶およそ80点ほどが展示されており、それぞれ名称と価格が添えられ、ご購入できるようになっています。写真は黒柿釉の井戸茶碗。

090617002.jpg

半筒の茶碗。どの作品もほんとうに渋いです。でもその渋さの中に実に様々な色彩が混じり合い、とても微妙で味わい深い作品が多数展示即売されています。

茶陶の類ですので、お土産ものにちょっと・・・という感じでご購入できる品物ではありませんが、指定銀行口座に振り込み後、桐箱に入れお送するという形をとっておりますので、ご来園の当日、持ち合わせがなくても構いません。お値段もお茶を嗜まれる方にはリーズナブルな価格です。

090617003.jpg

瓢の水指し。登窯の中で火の当たり方や灰の被り方によって変化した微妙な色彩に目を見張ります。

090617008.jpg

梨釉(なしゆう)の筒茶碗。この碗のように独特の渋い梨色を表現する作品もあり、渋さの中にほんとうに多彩な表現を観察することができます

090617007.jpg

今回、当園で作品展を行ってみたところ、お客様に人気だったのが花入れ。やはり花の観光地だからでしょうか。お茶は嗜まれなくても、一輪を入れて楽しみたい方は多くおられるようでした。

090617005.jpg

自作の茶碗を手に取る細井陶游氏。気さくで話しやすいお人柄です。ご来園の際には、ぜひお立ち寄りください。また、来年2010年度の開園シーズンにも展示販売を行う予定です。

s09052400710.jpg

なお、細井氏の窯元へも、折がありましたらぜひ来ていただきたいとのことですので、よろしくお願い申し上げます。

志戸呂焼 質侶窯 細井陶游
〒428-0019 静岡県島田市志戸呂1069-4 電話:0547-46-2133


志戸呂焼 

s090524001.jpg

5月24日 きょうは加茂荘の古寺内で、来月6月21日まで行われている、志戸呂焼の展示をご紹介いたします。

志戸呂焼とは、掛川市近隣の島田市金谷町に江戸時代以前から伝わる陶芸で、約400年の歴史を持っています。

金谷町には志戸呂焼の窯元がいくつもありますが、今回当園にて展示を行っておられる細井陶游(ほそいとうゆう)氏は、志戸呂焼の茶陶としての奥深さに魅せられ、以前は埼玉にて窯を開いておられましたが、約7年ほど前に今の金谷町に越してこられました。

細井氏のご夫人が、当園に勤められたご縁で、今年から加茂花菖蒲園の古寺内にて、昨年も行ったふくろうおじさんこと土屋誠一庵さんと、「2人展」と称して展示を行っています。

s090524002.jpg

古寺の侘びた室内と、絶妙にマッチした茶陶の数々。焼き物が並べられたとのことで、いつもの古寺に行って驚きました。普段は古びた古寺の内部が、渋い魅力のある志戸呂焼とても合っていて、侘びた趣が広がっていました。

s090524005.jpg

作品は茶椀、茶入、建水、水指し、菓子器、花入等の茶陶およそ80点ほどが展示されており、それぞれ名称と価格が添えられ、ご購入できるようになっています。

茶陶の類ですので、お土産ものにちょっと・・・という感じでご購入できる品物ではありませんが、指定銀行口座に振り込み後、桐箱に入れお送するという形をとっておりますので、ご来園の当日、持ち合わせがなくても構いません。お値段もお茶を嗜まれる方にはリーズナブルな価格です。

s090524007.jpg

茶椀の見込み。この何とも表現のできない微妙で複雑な景色は、登窯の中で火の当たり方や灰の被り方によって変化するそうです。光の当たり具合で鉄分が微妙に反射する、この渋い美しさには驚きました。細井氏の作品の全てがこういう感じというわけではないのですが、素人目にいちばん惹かれました。

s090524008.jpg

この作品は、実物よりやや明るめに写ってしまいましたが、梨釉(なしゆう)と呼ばれ、このような黄色を表現する作品もあり、渋さの中にほんとうに多彩な表現を観察することができ、この地域にもこんなにすばらしい伝統工芸があったのだと改めて感心させられます。

s090524003.jpg

作品のところどころには、細井氏の奥様が活けた茶花がさりげなく飾られ、ちょうど良いアクセントになっています。

s090524006.jpg

堂内は心地良い初夏の風が吹きぬけ、外とは別世界のような落ち着いた趣を醸し出しています。ご来園の際には、ぜひお立ち寄りください。

s09052400710.jpg

なお、細井氏の窯元へも、折がありましたらぜひ来ていただきたいとのことですので、よろしくお願い申し上げます。

志戸呂焼 質侶窯 細井陶游
〒428-0019 静岡県島田市志戸呂1069-4 電話:0547-46-2133